協会について

平成28年度 一般社団法人姫路市保育協会事業計画

基本方針

 平成27年4月より子ども子育て支援新制度が施行され、消費税増税分を子育て支援の量的拡充、質の改善に当てる施策は、老人介護偏重だった社会保障制度が子育ての分野に目が向いた点において評価されるものとなりました。
姫路市においても「待機児童解消加速化プラン」や姫路版子ども子育て会議による姫路市独自の子育て支援充実の事業が計画され、27年度には幼保連携型認定こども園への移行や施設型給付施設の増加など量的拡充が図られましたが、先日発表された28年度入所予定(27.10.1現在)の待機児童数が240名を超えるという現状を見ると、まだまだ需要に足りていない状況と考えられます。幸い28年度29年度、保育需要が多い地域に当協会員により新規の施設整備が計画されていますが、公立幼稚園施設の有り方や、需要に対する保育士確保が困難であることなどまだまだ取り組むべき課題は多く残されています。
 今後、人口減社会が進み、さらに働く女性の社会進出が必要とされることが予想されます。 姫路市保育協会はその働く女性の子育て支援、また良質の教育保育を提供するために、姫路市長、保育関連議員と連携し、子育ての重要性を社会に訴え、要望すべきことは強く要望し、連携すべき事は連携し、構成される各園が協会の理念である「すべての乳幼児が社会の構成員として健全な人格の形成の基礎を培う」施設となり、「一番子育てしやすい町・姫路」そして何よりこどもの目線に立っての「一番子どもが育つ町・姫路」となる様、すべての施設が協力し福祉増進に寄与すべく活動していきたいと考えます。

目 標

  • 保育書認可を受けた施設をはじめ、幼保連携型認定こども園や他の類型の認定こども園との組織作りの再編
  • 会員各位が発言しやすい環境づくり
  • 国からの保育関連予算の姫路市においての導入促進(予算対策活動)
  • 保育・教育の質の向上(幼稚園教育要領と保育所保育指針の改定)と各種研修(例会)の充実
  • 保育士の確保に向け保育士の処遇の向上と、将来に向け人材育成に踏み込んだ事業を創設

事 業

  • 就職フェア(共催:姫路市、後援:兵庫県保育協会)

このページのTOPへ